合成葉酸は吸収されやすい事も問題

吸収率の良さが返って悪い結果となり得る

「天然由来の葉酸は、働きが悪い」というような内容の書かれている葉酸サプリメント紹介サイトは、おそらく、合成の葉酸サプリメントを紹介していると思います。

その他のサプリメントの比較として、体内への吸収率や実際に効果的に使われるかどうかということについて言及している場合がありますが、そうやって吸収率の良さが実際に良い場合と悪い場合がある事に注意しなくてはいけません。

葉酸のサプリメントは、吸収率の良い事がかえって悪い結果となることもあるようです。

それは、吸収率の良すぎる合成葉酸は、生まれてくる子供の喘息のリスクが高くなるというデータが出ているらしいこと。妊娠の後期に、毎日1,000μg(1g)の合成葉酸の摂取を続けたことで、胎児が喘息になるリスクが上がったそうです。

妊娠中の葉酸摂取の推奨量は、一日当たり400μg程度なので、それを2倍以上も超えた葉酸量を毎日続けるのはこうしたリスクが高くなるということだと思いますが、これは、天然の葉酸にも同じように言えることかもしれません。

天然の葉酸でも、推奨量を大きく超えた量を毎日服用し続けるとなると、同じように赤ちゃんの喘息のリスクは高くなると考えることができます。

ただし、天然の葉酸は、合成の葉酸よりも吸収率が悪いというか、本来の食品から摂取する場合に近い吸収率となっているので、よりナチュラルな状態で葉酸が吸収出来ることに変わりありません。

それに、合成葉酸を紹介しているサイトは、「普通に推奨量で摂取すれば、一日1,000μgを超えることが無いから、吸収率の良い合成葉酸でも全く問題が無い」と書かれている場合があるかもしれません。

しかしそれは、喘息のリスクに限った話であり、合成葉酸そのものを肯定する内容ではありません。その辺も注意しながら、どのようなサプリメントが良いのかを考えていくと、より安心感の有るものに辿り着くのではないでしょうか。