葉酸はビタミンB群

正式名称はプテロイルグルタミン酸

葉酸はビタミンB群に含まれますが、正式名称は、プテロイルグルタミン酸と呼びます。これは、プテリジン、パラアミノ安息香酸、そして、グルタミン酸が結合して出来ている事から、このような名前になってようです。

主な役割として、たんぱく質の代謝を行う働きや遺伝子のもととなるDNAを構成する上で必要な成分となっています。

新しい細胞が作られる時というのはDNAの情報に従うことで正常に合成が進みます。葉酸はこのDNAの合成に関わっていて、新しい細胞が作られるうえで重要な役割を担っているのです。

このような働きから、お腹の中でものすごい速さで細胞分裂を繰り返しながら成長する胎児にとって、スムーズにDNAが合成されることが重要で、その為にも、葉酸が不足するような事はないようにしたいものです。

他にも、赤血球の合成に必要だったり、動脈硬化の予防に有効だったり、そして、発育を促す働きがあるようです。

妊娠早期に葉酸が不足すると、二分脊椎症などの先天性の病気を持った赤ちゃんが生まれるリスクが高くなる為、妊婦やこれから妊娠を考えている女性に対して、厚生労働省は、ビタミンなどのバランスのとれた食事に加えて、別途サプリメントで一日当たり400μg程度の摂取を推奨しています。

成人(男女)の一日当たりの推奨摂取量は、240μgとなっていますが、妊婦の場合はこれに加えて200μgを追加し、授乳中は、その半分の100μgの追加が必要と言われています。

またサプリメント(通常の食品以外)で摂取する場合の上限量は1000μgとなっていて、これを超えて摂取し続けると生まれてくる子供が喘息のリスクが高くなると言われていますので、摂りすぎてもいけません。